再生医療と美容。自由診療の元、日々行われる美容形成

再生医療は美容領域にも

女性の方であれば大半の方は
「あの女優やモデルみたいに可愛く、綺麗になれたらなぁ…」とふとした時に思われることがあるのではないでしょうか?
そんな願いを現実にするのが「美容形成」です。

今までの美容形成といえば、
・コラーゲンやヒアルロン酸を皮下に注射し、しわやたるみを改善する
・人工乳腺やヒアルロン酸注入による豊胸
この辺りが一般的に良く知られている美容形成の方法でしょう。
自身で行っている、という人もいれば若い女性であれば一人二人は施術を行っている友人や知り合いが中にはいるのではないでしょうか?
特に芸能界にいる女優、アイドル、モデルなどは行っている人の方が多いのではないかと思われます。

近年、再生医療を利用した美容形成を行うクリニックが増えてきています。
最先端の再生医療はすでに美容形成の分野にも応用されてきているのです。

今回はそんな再生医療と美容に関して説明していきましょう!

再生医療はどんな美容形成に応用される?

では再生医療はどんな美容形成に応用されているのでしょうか?
例として再生医療を利用した「豊胸」に関して簡単に触れてみましょう。

再生医療では幹細胞と呼ばれる「何にでもなれる万能細胞」を利用します。
※詳細は「再生医療とは?」の記事を是非ご覧ください。

方法としては体内の脂肪から「脂肪由来幹細胞」を抽出して、血小板に混ぜた成長因子や凝縮した脂肪と一緒に乳房に注入することで豊胸が行えるという内容です。
再生医療に関する豊胸のメリットは一度で脂肪が定着する為、何度も注入する必要がなく、また乳房本来の形状や柔らかさに非常に近い点だと言われています。

他にも、自身の幹細胞から作成したコラーゲンやヒアルロン酸の注射、全身の若返り、隆鼻術、毛髪の再生など再生医療による美容形成は日々新しい技術が考案されています。

美容形成で扱われる再生医療は「自由診療」

「そんな最新方法だったら試してみたいかも…」
と思われた女性の方にご注意していただきたいのが、施術料金です。

美容形成の大半が「自由診療」と呼ばれる患者様が料金を全額負担する仕組みになっています。再生医療を使用した美容形成でも同じです。
保険診療による治療は、国で定められた点数があります。医師の腕や施設の設備に差はありますが、日本全国どこに行っても同じ料金で診療を受ける事が可能です。

しかし一方の自由診療は医師と患者との個人契約になる為に、料金設定を医師個人で行っても良いということになります。
利益追求を第一とする施設を選んでしまい、高い料金を取られたうえに満足のいかない施術内容、といったことになれば目もあてられません。
事前にGoogleの口コミや評価をチェックし他施設と比べ値段設定が適切か確認した上で施術してもらう施設を選ぶと良いでしょう。

まとめ

最後に知っておいていただきたいのが、再生医療による美容形成はまだ研究段階であるという事です。
自由診療の名のもとに、医師が不十分な知識と経験で施術を行った結果取り返しのつかない副作用や後遺症が出てしまいトラブルになっている事例も少なくありません。
それをご自身でよく考えた上で再生医療を利用した美容形成…利用してみるのも良いかもしれません。

関連記事

  1. 「幹細胞」とは?幹細胞治療に美容にまで利用される新たな医療技術

  2. 再生医療による脳卒中治療は治験段階へ。失語や麻痺の機能改善へ期待高まる!

  3. 自然に軟骨再生はしない?今後の軟骨再生治療にどう向き合うか?

  4. 再生医療と膝関節疾患。「外傷性軟骨欠損症」「離断性骨軟骨炎」に保険適応となる。

  5. 再生医療とは?なぜ失った臓器をもとに戻せるの?

  6. 再生医療の新しい技術「幹細胞培養上清液」とは?